色んなことを雑に書くブログ

大学3年生女子が色んなことについて雑に書きます

怒られた時にすぐ泣かない方法

私は誰かに怒られたり、注意されたりするとすぐに涙が出そうになるタイプである。

別に泣いて許しを請おうとしているわけじゃないし、

泣けばそれでいいなんてまるで思っちゃいない。

泣いて許された経験ばかりで生きてきたわけでもない。

ほとんど条件反射的に涙があふれそうになるので結構困っている。

色んな本を読んでみたり話を聞くとこれには小さい頃の経験が関係しているようなのだけど、過去に戻ってやり直すことなどできるわけもなし。

でもこのままでは絶対に良くないと感じているので、

自分なりにこの現象を分析して改善させてみようとして今も頑張っている。

具体的には「怒られる」ということがどのようにして私の感情のキャパを超えさせているのかを考え、そこから改善法を編み出した。

本記事ではそれについて書こうと思う。

 

1.怒られた時のファーストインパク

今までのことを思い返してみれば「なぜ自分が怒られているのか」よりも、

「あっ、○○さんに私は怒られている....!」という、ただこれだけが最初に頭にあった気がする。

「怒られているという事実」が何よりのショックなのかもしれない。

その瞬間、それ以外についてはたいして何も考えていなかった気がする。

これがまず良くない。

だから私は一呼吸して最初のショックをなるべくスルーし、

「なぜ怒られているのか」、そして「それにより困っている相手」を思うことに努めている。

 

2.私にとっての「怒られる」とは

私は無意識に、「怒られる」ということを世界の終わりレベルの絶望のように感じているらしい。

また、普通に接してくれていた人が突如怒りモードに突入することに恐れを抱いているらしい。

でも、冷静になって考えてみればそんなもの日常の一コマとしてはありふれているし、人間なら誰だって場合によっては怒りを持って接してくる。

きっと同じ瞬間に同じように怒られている人は日本中にいる。

怒られることは大事件なんかじゃない。

どうせその失敗なんて周りは一週間後には忘れているし(みんな一人の人間に長いこと構っている暇なんてない!)、どんな気にしいの自分でも一年後には確実に忘れているぐらいのもののはずなんだし。

これに対処する時に思うのは、「こういうこともあるのだ」ということ。

人間ばかりの社会で何か役割を担えばたまにゃ失敗して怒られることもある。

こういうこともあるのだ、と。

 

3.「怒られている自分」を見たくない!

別の自分Bとして怒られる自分を見る感覚が私には常にある。

恥ずかしくて惨めで自分が世界一バカに思える。

しかしやっぱり冷静になってみると、これもまた利口な思考ではないと分かる。

怒られて済むぐらいのささいなミスが自分の価値を無にすることなど絶対にありえない。

そんなことで人の価値は簡単に上がり下がりすることはないと思う。

えらい先生も何かの本でそう言っていたし、やっぱりそうなんじゃないだろうか。

だから私はそういう風に思っておくことにしている。

 

 

とこんな感じで、すぐに泣かない自分になろうと努力しているしだいである。

これができたらあとはもう失敗を繰り返さないようにすればいいし、

家で泣きたくなったらそれはもう別に泣いていいと思っている。

あとはほんのちょっと、「なにくそ!」と腹の底で鼻を鳴らして笑い飛ばす気持ちが持てたら完璧でしょう。

 

 

新しいバイトを始めようかと思ってるんで覚書的に記事にしてみました。

飲食店+友達の紹介ってことでかなり今からビクビクしてるので。

しかも上のほうで「怒られた時は」って何回も書いてるけどのんびりしたバイトしかしてこなかったんで言うほど他人に怒られたことってなくてめちゃくちゃ怖いっす。

友達に注意されたりしたらおそらくまた地獄級に落ち込むんだろうけど、自分で書いたことを思い出して頑張ります。

というか、まずは注意されないようにするのが先か。

とにかく同じような皆さんも一緒に頑張りましょう。

真面目に気楽に!