色んなことを雑に書くブログ

大学3年生女子が色んなことについて雑に書きます

「海がきこえる」とは何なのか

これまでに「海がきこえる」が受けない理由を2つ書いた。

1にスタジオジブリという先入観があるということ、

2にラブストーリーと見せかけてラブストーリーじゃないということ、とした。

まるでアンチ「海がきこえる」のようだが、私は本作の大ファンである。

ということで、今回はこの作品の解釈を私なりに考えて魅力を伝えたいと思う。

 

私は「海がきこえる」を主人公の成長と未来への前進を描いた作品だと感じる。

 

まずポイントになるのが回想パートの描かれ方である。

主人公の森崎の周りで起こるのは本当に何気ない出来事である。

だが、起こったこと全てが細かく事件として描写されるので本当に重大な出来事のように感じられる。

これは学生時代特有の感覚ではないだろうか。

学校や目に見える範囲だけが世界だったあの頃の感覚である。

大したことじゃなくても緊張したり、むしゃくしゃしたり、反抗したくなったり、この世の終わりのように思えたり。

誰かの何気ない言葉やふるまいがとてつもなく重要な意味を持っていたあの頃だ。

回想パートがこうして描写されているということは、森崎自身がこのように回想していることである。

つまり大学生の森崎はいまだに高校生の森崎の感覚から抜けられないでいるのだ。

 

それには理由がある。

高校時代の森崎にとって特に重要人物であった、友人の松野と里伽子が喧嘩別れになったままだったのだ。

森崎の記憶の中では彼らは高校生のまま。

だから高校時代にまつわるあれこれに関してだけは時が止まったままなのである。

 

そんな過去にしこりを抱える森崎は、松野と再会したあたりから徐々に変わる。

久々に再会し、話せなかったことを話す2人。

高校時代は深刻に感じていたことも、時を経た今では話せるのだ。

同窓会シーンもまたいい。

クラスメイトだった女の子が里伽子とばったり会ったと嬉しそうに話す。

高校時代、その子と里伽子は仲が良くなかったはずなのに、今じゃそんな過去も笑えるようだ。

みんなが一緒に大人になっていることを森崎はじわじわと体感するのである。

クライマックスに向けて過去がどんどん現在になっていくこのあたり、私は本当に好きだ。

 

そして同窓会後の高知城を見上げるシーンで、森崎は自分が里伽子を好きだったのだとはっきり認める。

昔の自分を冷静に見つめ、結論付けたのである。

もっと里伽子と話したかった、彼女を好きだった、それだけだったのだと。

森崎が高校時代に終わりを告げた瞬間である。

彼はこの時に本当の意味で大人になったのだ。

 

で、本当のラスト。

森崎は駅のホームで里伽子に偶然再会する。

やりたい放題で強気だった里伽子が、ちょっとお姉さんっぽくなって登場。

これからまた新しい物語が始まるぞ...と未来を予感させる終幕になっている。

 

と、こんな感じで私は解釈している。

溜めて溜めて...からの高知城のシーンはいつもグッとくる。

森崎くん、やっとたどり着いたな!っていう。

あと里伽子が自分の会いたい人について「お風呂で寝る人なの(森崎くんのこと)」みたいなことを言っているシーンも好きだ。

私はこの作品のラブストーリー性を否定しているけれど、このシーンに限ってはキュンとするものがある。

 

これ以上語ると収拾がつかなくなるのでここでストップしておこう。

月9的なラブストーリーが見たい人や、俺・私は過去なんてとっくに忘れちまったぜ!という人には向かないのかもしれない。

一方で、森崎くんみたいに高校時代(学生時代)への思いがいまだに残っている人にはおすすめです。

爽やかな気分で未来への一歩が踏み出せるはず。